個別指導塾と集団塾の特徴|最適な塾選びで子どもの学力が進歩|塾選びが運命の分かれ道

最適な塾選びで子どもの学力が進歩|塾選びが運命の分かれ道

文房具

個別指導塾と集団塾の特徴

生徒と先生

塾と聞くと恐らく多くの人が学校の授業と同じようなイメージを持っているのではないでしょうか。学校の授業と同じスタイルの塾は集団塾と言って、講師一人に生徒が十数人まとまって授業を受けるというものです。その一方で、最近注目されている個別指導塾というものもあります。講師一人に対し、生徒が一人かもしくは二人で授業を行うというものです。個別指導塾は年々増えてきており、今や集団塾と同じくらいの数にまで勢力を伸ばしています。そのため、子どもを塾に通わせるとなった時に集団塾か個別指導塾どちらに通わせようか迷うという人が多いようです。自分の子どもはどちらの授業スタイルが合っているのか、まずはそれぞれの塾の特徴を見てみましょう。

集団塾のメリットは、同じ目標を持つ周りの子どもたちと切磋琢磨しながら勉強できるので、モチベーションを常に高く保てるということです。また、プロの講師が教えてくれるので、レベルの高い授業を受けることができます。全国模試にも積極的に参加するため、自分の子どもが今どのくらいの学力なのか把握することができます。一方で個別指導塾のメリットとして挙げられるのが、生徒の学力やスケジュールに合わせて授業を受けられるという点です。講師がすぐそばで教えてくれるので、分からないことが出てきた時にすぐに質問できます。ちゃんと理解してから次に進むことができるので、質の高い授業を受けられます。

自分の子どもが負けず嫌いで積極的な性格であれば集団塾、消極的で自分のペースで勉強したいというタイプであれば個別指導塾が向いているでしょう。子どもの希望もしっかりと聞いた上で最適な塾を選ぶことが大切です。